預貯金の解約・払戻・名義変更

預貯金の相続手続き(解約・払戻・名義変更)を司法書士にご依頼いただけます。

預貯金などの相続手続きについては、相続人ご自身が銀行へ出向いてすることも可能ですが、司法書士が代理人となって手続きを行うことができます。

司法書士におまかせいただければ、相続人の方が何度も銀行へ出向く必要はなくなります。

不動産の相続登記とあわせて預貯金の相続手続きをご依頼いただくことが多いですが、預貯金の相続手続きのみをご依頼いただくことも可能です。

お任せ戴ける業務の内容

預貯金の相続手続(解約・払戻・名義変更)をご依頼いただいた場合、次の手続きを司法書士が代行することができます。

  • 相続手続きに必要な書類(戸籍・除籍・改製原戸籍謄本)の取り寄せ
  • 銀行や郵便局に対する預貯金の相続手続

預貯金の相続手続きに必要な書類の多くは、不動産の相続登記申請に使用するものと共通です。

具体的には、被相続人の出生から死亡するに至るまでの全ての戸籍(除籍・改製原戸籍)謄本、相続人の方の戸籍謄抄本、相続人の方の印鑑証明書、遺産分割協議書など多くの書類が該当します。

従って、預貯金の相続手続きといっても、特別に取り寄せないといけない書類はございません。

ご自分で相続登記に必要な戸籍謄本等の書類を取り寄せされた方は、ほぼそのまま預貯金の相続手続きを司法書士にご依頼することが可能です。

預貯金の相続手続の手数料(全て税別)

司法書士の手数料(報酬):1手続き当たり、50,000円(司法書士に書類の取得を依頼)

司法書士の手数料(報酬):1手続き当たり、40,000円(ご自分で書類をご取得)