固定資産課税台帳(名寄帳)の取得

これから相続登記をするためには、対象となる不動産を調べなければなりません。

一般的には、亡くなった方が所有していた不動産を全部調べます。

 

所有していた不動産は、現在把握している以外に絶対ないという場合は、必要ありませんが、生前に土地と家以外に山や田などがあると聞かされたことがあって、詳細が分からないなら、固定資産課税台帳(名寄帳とも言います)を取得します。

 

市役所の税務課に行き、所定の申請書に記入の上、請求しましょう。この固定資産課税台帳の写しには、亡くなった人の不動産財産がすべて載っています。

 (市町村が固定資産税をかけるためにすべて管理しているのです。)

 

下の課税台帳は、北海道の北広島市の名寄帳兼課税台帳の見方です。参考にしてください。④⑤⑥が不動産情報です。

ただし、固定資産課税台帳には、次の2つの注意点があります。

1点目は、

固定資産課税台帳の写しには、請求した市町村に存在する不動産財産しか表示されません。

 
他の市町村にある不動産は、その市町村に行って、固定資産課税台帳の写しを取得する必要があります。(資産が多い方は注意が必要です。)

2点目は、

固定資産課税台帳の写しには、共有持分の不動産がある場合には表示されないことがあります。

 

山などの部落持ちの共有不動産や、みんなで使っている公衆用道路などがこれに当たります。

固定資産課税台帳の写しは郵送でも申請できます。

ちなみに、私は父大西博明の不動産をすべて把握していましたので、固定資産課税台帳は取り寄せませんでした。

つぎは、

名寄帳について(おまけ)

私は、父名義の物件の地番や家屋番号を把握していたので、名寄帳は取り寄せませんでしたが、市役所に用事があって、後日試しに名寄帳をとってみました。

市役所の職員に「名寄帳の交付申請書はこれですか?」ときいたところ、「・・・」反応が思わしくありません。名寄帳という言葉を知らないみたい。すぐさま「固定資産課税台帳です」と言い変えましたが、他の職員に聞いていました。

 

どうやら、新米のようです。

枚方市役所では、名寄とか、固定資産課税台帳という言葉は、交付申請書に入っていません。「課税物件一覧表」という部分に丸をつけます。

 

あとは、申請者(あなた)の住所氏名を書きます。その下の納税義務者欄に、亡くなった被相続人の住所と氏名を書けばおしまいです。

 

さて、申請書を出して、待つこと約20分、「長いな・・・」と感じたので、しびれを切らして「まだですか」と尋ねました。

 

すぐに職員が戻ってきて、「いま本庁に連絡して、課税台帳のデータベースに異常がないか回答待ちです。お急ぎのところ、誠に申し訳ありません」と言われました。

 

私が行ったのは枚方市役所本庁ではなく、くずはの支所です。

仕方ないから、我慢して待っていましたら、10分ほどして、やっと名寄帳が出てきました。

土地の方の名寄は出てきましたが、建物(私と共有)は、出てきませんでした。

やはり、共有の場合は、検索に引っ掛からないようです。

 

「建物もあるのですが・・・」っといって、やっと出てきました。

被相続人名義の不動産があるかないかを調べるために、名寄を取り寄せましたから、共有の場合は、枚方市では名寄せは相続財産の調査という点で、万全ではありませんでした。

 

枚方市の方は、ちょっと注意してください。それから、枚方市では「名寄」っていうよりも、「固定資産課税台帳をください」と言った方が良いようです。

それにしても、名寄せを取り寄せるのに、1時間近くかかってしまっては、という気分でした。

サイト内検索用です

お気軽にご相談ください

司法書士 大西 彰

登録番号第3211号

簡裁訴訟代理関係業務

第512034号

<更新履歴>




H31.2.20
「登記のあれこれ」のページ31.「遺言の文言と登記の種類」を追加しました





H31.2.8
「登記のあれこれ」のページ30.「遺贈の登記」を追加しました



H31.1.31
「登記のあれこれ」のページ29.「特別受益者の相続分」を追加しました




くずは司法書士事務所

 

☎ 072-851-7172

☎受付時間:平日9:30~18:00
メールからもご相談やご予約が可能です(24時間対応)

〒573-1118
枚方市楠葉並木二丁目22番1号

樟葉ビル5階

TEL:072-851-7172

京阪電車樟葉駅(特急停車)より徒歩約9分

ホームページ更新履歴

随時、「相続登記の知識」のページを更新しています!

 <主な業務対応地域> 

枚方市、大阪市全域、交野市、寝屋川市、高槻市、守口市、門真市、四條畷市、大東市、東大阪市、京都府八幡市、京田辺市、宇治市、城陽市、木津川市、大山崎町、精華町、井手町

≪ご注意戴きたいこと≫

業務対応可能地域とは、登記の対象となる土地や建物が、上記の地域内にあるという意味ではありません。

 

不動産を買い取ったり、売ったり、相続で取得したりする方が上記の地域にお住まいになっていて、司法書士である私が、その方と直接お会いして、ご本人確認と意思確認ができるという意味です。

従いまして、不動産の所在地は、関係ございません。

 

また、業務対象地域外にお住まいの方でも、拘束日当(税別5,000円から10,000円)はご負担戴きますが、ご依頼をお受けすることも可能です。

 

自分で登記するための情報公開中(上のボタンクリックください)

《当事務所の近辺》