同時死亡の場合の相続関係

複数の人が死亡して、その死亡の前後が明らかでない場合は、その人らは全員同時に死亡したものとみなされます。(民法32条の2)

 

この規定は、複数の人が同じ災害に合って死亡した場合だけではなく、一人が明確な時期に死亡し、他の人が不明な時期に死亡した時にも適用されます。ただし、この規定は、あくまで「推定」であるので、死亡の時期の先後が証明できれば、適用されません。

 

 

それでは、相続人の間で同時死亡の推定がなされた場合、どのような相続関係になるのかをみていきたいと思います。

 

 

右の図でAとCが同時に死亡したとみなされた場合の相続関係ですが、

 

 

Aの相続について、CはAの相続人ではありません。

だから、Aの相続人はBとDです。

 

 

次に、Cの相続について、AはCの相続人ではありません。

だから、Cの相続人はBです。

上図でAが先に死亡し、Cが後に死亡したことが証明されるとどうなるでしょうか。(これはいままでみてきた数次相続です)

Aの相続人は、B、C、Dです。

Cの相続人は、Bとなります。

 

 

<AとCが同時死亡の場合>(Aの遺言なし)

法定相続分で相続登記B(2分の1)D(2分の1)をして、BとDで遺産分割協議をした上で、取得者名義に遺産分割を原因とした相続登記を申請する。 

若しくは

 共同相続登記を申請せず、相続人BとDで遺産分割協議をして、直接取得者名義に相続登記を申請することになります。

<Aが先に死亡し、その直後にCが死亡の場合>(Aの遺言なし)

 Aの相続について、法定相続分で相続登記B(2分の1)、C(4分の1)、D(4分の1)をする。

次にCの相続について、B名義に変更する。この時点でB(4分の3)、D(4分の1)です。

そして、BとDで遺産分割協議をして、取得者名義に遺産分割を原因とする相続登記を申請する。

若しくは

 共同相続登記を申請せず、相続人BとDで遺産分割協議をして、直接取得者名義に相続登記を申請することになります。

サイト内検索用です

お気軽にご相談ください

司法書士 大西 彰

登録番号第3211号

簡裁訴訟代理関係業務

第512034号

<更新履歴>




H31.2.20
「登記のあれこれ」のページ31.「遺言の文言と登記の種類」を追加しました





H31.2.8
「登記のあれこれ」のページ30.「遺贈の登記」を追加しました



H31.1.31
「登記のあれこれ」のページ29.「特別受益者の相続分」を追加しました




くずは司法書士事務所

 

☎ 072-851-7172

☎受付時間:平日9:30~18:00
メールからもご相談やご予約が可能です(24時間対応)

〒573-1118
枚方市楠葉並木二丁目22番1号

樟葉ビル5階

TEL:072-851-7172

京阪電車樟葉駅(特急停車)より徒歩約9分

ホームページ更新履歴

随時、「相続登記の知識」のページを更新しています!

 <主な業務対応地域> 

枚方市、大阪市全域、交野市、寝屋川市、高槻市、守口市、門真市、四條畷市、大東市、東大阪市、京都府八幡市、京田辺市、宇治市、城陽市、木津川市、大山崎町、精華町、井手町

≪ご注意戴きたいこと≫

業務対応可能地域とは、登記の対象となる土地や建物が、上記の地域内にあるという意味ではありません。

 

不動産を買い取ったり、売ったり、相続で取得したりする方が上記の地域にお住まいになっていて、司法書士である私が、その方と直接お会いして、ご本人確認と意思確認ができるという意味です。

従いまして、不動産の所在地は、関係ございません。

 

また、業務対象地域外にお住まいの方でも、拘束日当(税別5,000円から10,000円)はご負担戴きますが、ご依頼をお受けすることも可能です。

 

自分で登記するための情報公開中(上のボタンクリックください)

《当事務所の近辺》